ゆっくり育て一人ひとりの芽 - 社会福祉法人 南町保育会

南町保育会の保育

南町保育会の保育

保育理念

ゆっくり育て一人ひとりの芽

自ら育つ力を持っている 未来ある子どもたち
たくさん愛されたこと 大切にされたこと
それは子どもたちが自分を愛し まわりの人を愛する力になる
そして生きていく力になる

保育方針

待っているからね
温かいまなざしで、子どもが伸びようとする力の支えになります。
ころんでもいいよ
つまづきや失敗をうけいれ、共感し受容することで、子どもの自信を育みます。
これは何かしら
発見や驚き、好奇心を大切にしながら、子どもも自身で考えられるよう、援助します。

保護者・地域へ

私たちは、人と人との結びつきを大切にしたいと考えています。
そして、温かでたくさんの安心感が満ちあふれている、そんな場所でありたいと願っています。

同僚として

私たちは互いに支え合い、高め合いながら、その思いを共有し、「人」として「保育士」として成長し続けます。

保育目標

よくあそべるこども

自分のしてほしいこと、考えたこと、思ってることをいえるこども

仲間と力を合わせることを大切にするこども

南町保育会の保育目標をいつも念頭に置き
『一人ひとりを大切に』『子どもの最善の利益を守る』ことを心して
保育を進めていきましょう

保育目標とは

保育は、乳幼児期の発達を理解した上で行われるべきものです。そして、子どもたちは一人ひとり、違います。ですから、私たちは、その子の成長に合わせて、丁寧に、育ちの援助していくことが求められています。それらを押さえながら、保育を進めていきましょう。

それが保育理念であり、成果として目指すものが保育目標です。それは、私たちの「子ども像」を定義するものです。こんな子どもに育てたい、それが必ず未来の生きる力の助けになる、そう信じて南町保育会の保育目標を理解しましょう。

保育の特色と内容

一人ひとりを大切に

保育園では、子どもたちが安全な環境とゆったり落ち着いた雰囲気の中で安心して過ごすために、決まった大人との1対1の関係を大切にしています。
また、子どもたちは幼いほど個々の生活リズムが違うので、個人差を尊重し、その子に合わせた食事・排泄・睡眠に努めています。
一人ひとりを大切に

流れる日課(継続的日課)

不必要に待つ時間や行為が中断されることなく、スムーズに流れる日課のことです。子ども一人ひとりが見通しを持って日々の生活を送ることが出来るようになります。

わらべうた

わらべうたは四季折々の生活の中から生まれ、歌い継がれてきた伝承歌です。子どもに無理のないメロディーと自然なリズムから成り立っているので、まるで言葉を話すかのように誰にでも歌うことが出来ます。
口ずさむと、躍動感や心地良さ、楽しさや期待、そしてときには不安や悔しさまでも味わうことができ、聴覚を通して心に呼びかけ染みていく…わらべうたは「人の心とつながっている文化」です。

行事について

行事には、普段の保育(課業)の積み重ねの上にある行事(プレーデ―やお楽しみ会など)、伝統的な季節の行事(七夕、十五夜、歳の神など)、また、保護者との連携を深める、親子遠足、夏祭りなど、様々なものがあります。
m-2
行事については子どもの負担にならない内容にしています。

親業について

より良い親子関係を築くために、親としての役割を効果的に果たすためのアメリカの心理学者、トマス・ゴードン博士の考え方と実践方法です。親子関係に限らず、人間関係一般に適応します。1日の大半を保育園で過ごす子どもの為に、保育園は家庭の環境と同じように温かく心安らぐ場所でなければなりません。その他には保育士が保育園でどのような関わり方をするのかが大切になってきます。保育士と子どもの関わり方のひとつとして取り入れています。
m-3

たてわり保育

家族構成が核家族化した上で少子化が進み、兄弟が少なくなり、地域でも異年齢の子どもと遊ぶことの出来る空間も時間もなくなってきているため、子ども社会の伝承や文化が伝わりにくくなってきています。
そこで、意図的に異年齢で生活する場をつくり、異年齢児との関わりを体験できるようにしています。
m-4

課業

子どもが自発的に獲得した経験や認識を整理し、広げ、知的能力や創造性を発達させる「課業」を行っています。「課業」で身についたことは、子どもの生活の中に自然に取り入れられ、豊かなものに進化していきます。
課業の内容は「わらべうた・音楽」「体育」「環境認識」「数」「文学・言語」「描画・手仕事(美術)」で時間は20~30分を目安とし、体育とわらべうた以外は自由参加です。子どもが自発的に参加していくことを大切にしています。
m-5
子どもは自身の身の回りのことに興味を示し、何かを習得することへの願望、思考することへの喜びに目覚め、後に学校での学習に必要な姿勢、課題、意識、自己規律の能力が形成されます。

課業の内容

音楽・わらべうた

音楽を聞き、歌うことで音に対する感覚を育みます。
また、リズム感や音を他人と共有することで、お互いを感じ、楽しい経験を得ることができます。

体育

きちんとした手順をふみ、適切な運動を行うことで、神経の結合や体力が強化されていき、自己のコントロールもできるようになっていきます。

環境認識

子どもたちが生きていく上で必要なことを認識するための基礎を培います。知る必要のある環境には、大きく分けて「自然」に関する事柄と、人間が生み出した「社会」に関する事柄の2つがあります。言葉だけでなく、五感を通して周辺の知識を獲得することによって、環境を知識として自分のものにしていくための基礎ができていきます。

私たちはたくさんの数的な考え方に基づいて日常生活を送っています。 幼児期の数的な考え方や認識を育てるには、単に「数が言える」「足し算や引き算を覚える」ことでなく、子ども自身の感覚器官を通して生活の中で多様に経験することが大切です。

文学・言語

伝承作品や創作作品を通して、言葉の世界に出会う喜び、また、集中して聞くという体験を持つことができます。言葉を理解してリズムや音、情緒を体験することで想像力が豊かになっていきます。

描画・手仕事(美術)

物を作る活動・表現活動を通して、色彩感覚や形の感覚を刺激されます。これらの刺激が感性、思考、さらには心と体の機能を統合した「生きる力」を育てることにつながっていきます。